高学年の読み聞かせガイド

小学校高学年の読み聞かせにおすすめの絵本情報サイト

【卒業】高学年の読み聞かせにおすすめの絵本

いよいよ卒業を間近にひかえた6年生には、これからの中学生活に向けて、そしてその先の未来に向けて、はなむけになるような絵本を読んであげたいですね。

わたしは子供たちひとりひとりが、「誰かに大切にされている」「必要とされている」という実感をもって生きてほしいと思っています。その思いをそのまま言葉にするのは少し照れくさいので、絵本をとおして子供たちに伝われー!と思いながら読んでいます。

ここでは、そんな卒業の時期にぴったりな高学年の読み聞かせにおすすめの絵本を紹介します。

あなたがうまれたひ

所要時間5分
赤ちゃんの誕生は、家族だけでなく太陽や月や地球など自然界すべてから祝福されています。赤ちゃん誕生の喜びを謳いあげたこの本を子どもといっしょに読んでください。

引用元:絵本ナビ

小学校卒業という節目をまえに伝えたいことは、「あなたがうまれてきてくれてよかった」ということに尽きると思います。この絵本はそのシンプルなメッセージを、わざとらしくなくそっと伝えてくれる。はなむけの1冊にぜひ。

はじまりの日

所要時間3分
"ボブ・ディランの名曲『Forever Young』に、詩人アーサー・ビナードの訳詩と、新たに爽やかな絵が加わって、希望あふれる絵本になりました!『Forever Young』は、1974年に発表されてから老若男女にうたわれてきた、子どもを思うあたたかな名曲。これまで正式な日本語訳がなかったこの曲を、アメリカ生まれの日本語の詩人アーサー・ビナードが歌える日本語訳にしました。ロックの歴史的名曲と絵本の新しい出会いを味わえる絵本。

引用元:絵本ナビ

なんとなんとノーベル文学賞を受賞することになったボブ・ディラン。子供たちへのあたたかく、力強いメッセージにあふれた絵本です。応援する気持ちをこめて。

ルリユールおじさん

所要時間7分
たいせつにしていた植物図鑑がこわれてしまった、パリの少女ソフィー。 本をなおしてくれる人がいると聞いて、ルリユール(製本職人)を訪ねる。 本への愛情と、時代をこえてつながる職人の誇りを描いた傑作絵本。 講談社出版文化賞絵本賞受賞作。

引用元:絵本ナビ

大好きないせひでこさんの絵本。少しずつ自分の将来について考え始めるであろう子供たちに読んであげてほしいです。ルリユールおじさんの仕事への誇り。ソフィーとのあたたかな交流。子供たちにもこんな素敵な出会いがありますように。

あさになったのでまどをあけますよ

所要時間3分
なにげない日々の繰り返しの中に幸せがある 新しい1日をむかえるために窓をあける子どもたち。なにげない日々の繰り返し、その中にこそある生きることの喜びを描いた絵本。

引用元:絵本ナビ

荒井良二さんの絵本の中でも一番大好きなのがこれ。代わり映えのない毎日の中で、退屈だなぁと思うことがあるかもしれない。ここではないどこかに憧れる気持ちもよくわかる。だけど、このいつもの毎日がくりかえされることの尊さだけは忘れないでほしいなと思います。

夢はどうしてかなわないの?

所要時間15分
『なぜ?どうして?』シリーズ150万部突破の大野正人が子どもたちに贈る絵本シリーズ。「夢」を叶えるために必要な「こころの力」、それを得るために倒さなければいけない「悪魔」を紹介しながら、夢はずっと描きつづけるもの、叶うものと夢を持つ大切さを伝えます。

引用元:絵本ナビ

夢についてとても正直に真摯に語られている絵本です。「夢なんてかなわないよ」という内容ではありません。もちろん「夢をみつづけていればいつかかなう」という内容でもありません。かなわない夢もあるということもきちんと語られている。わたしはそこがとても好きです。卒業を前にしたちょっぴり大人になった子供たちにぜひ読んであげてほしいです。